ヘルパーと介護福祉士の仕事について

ヘルパーと介護福祉士の仕事について

ヘルパーも介護福祉士も仕事内容に関してはほぼ同じです。介護施設や直接家庭へ赴いて行って高齢者や体の不自由な方達の生活全般のお世話をするという点では共通していますが、どちらも資格をとって認定を受けなければなりません。

 

実際に介護の現場では慢性的な人手不足に陥っているため、ヘルパーも介護福祉士の資格に関係無く現場での介護業務に携わっているのが現状のようです。ヘルパーは以前は資格が必要無く、言ってみれば介護経験の無い素人でもヘルパーとして勤務することは可能でした。

 

しかしつい最近になってヘルパーは介護職員初任者研修を終了しなければ認定資格がもらえなくなってしまいました。つまりある程度専門的な介護知識を持っていなければこの資格を受給することができないという少々厳しいものとなりました。

 

一方介護福祉士は福祉系の専門学校や大学、高校などで専門の教育を受けてさらに実習の経験を積むことで国家資格の受験資格を始めて得ることができるのです。

 

両者の仕事内容はほぼ同じであると述べましたが、実際には両者の立場は同等ではなく、あくまでもヘルパーに仕事の指示を行うのが介護福祉士の立場ということになるので注意が必要です。

 

ヘルパーや介護福祉士を目指すのでしたら以上の点をしっかりと認識した上で、将来的なキャリアアップなどを踏まえてどちらのルートを選択していくべきかじっくりと考慮してキャリアの選択をしていくと間違いが無いと思います。