ヘルパーの仕事について日々思うこと

ヘルパーの仕事について日々思うこと

最近では人手不足で手が足りないと世間で騒がれているヘルパーの仕事ですが、ニュースなどでも介護士の給料について取り上げることもよくあるのでそのことについて思ったことがあります。

 

まずヘルパーは通信教育やハローワークの職業訓練で勉強すれば、大抵は施設で働く技術も身に付き自分に合った良い仕事場さえ見つかればこれ程安定した職業はないと思うのでメリットの面でもいい職業だと思います。

 

しかし世の中に貢献してくれているヘルパーさんの中には、給料が安いという方も多くみられますが、それは勉強している中ですでに教えてくれているので、大体MAXでどれ位の給料がもらえるのかと言うのがわかるはずです。

 

個人的に思うのはヘルパーは対人間の仕事なので、報酬のために就く仕事ではありません。

 

世間では介護がどのような仕事なのかをはっきり取り上げずにただきつい、辛いなどとニュースでも騒がれているのには、ヘルパー経験者としては疑問を感じずにはいられませんね。

 

さらに最近ではヘルパーの資格無しで介護士を募集している派遣もちらほら出てきましたが、これは来た人を誰でも雇っている形式なので、利用者さん側としてもあまり良い気分にはならないのではないでしょうか。

 

介護の仕事は利用者さんの体温チェックやトイレや食事のお世話、着替え、お風呂に入れてあげるなど普通の生活を助けてあげることなので、世間では虐待などのニュースも報じられていますが、個人的には介護の仕事に適した人達が就職してくれたらと思います。